タイは美容天国?植毛も安い?

「タイの美容整形は、世界的に安全で高い技術を誇っています。おまけに安い。」というキャッチコピー。

うーん、まぁ、世界でも有名な女優さんがお忍びで訪タイしたり、日本でもニューハーフの方たちがopeしに来るくらいだから、技術もそれなりのものなのだろう。私はまったく興味がないけど……..

植毛クリニックなどもあり、かなり安く出来るみたいです。

タイでは、至るところに美容整形のクリニックがあります。以前、バンコクで怪しげな漢方薬店みたいな店構えのクリニックも見た。それを見たときには、「こんなところで手術して大丈夫なのかよ」と正直思いました。

プーケットの街角でよく見かける美容整形のお店は、ガラス窓が大きくて、まるで美容院みたいな作りが多いようです。ソファーに座っている患者さんも平気な顔して雑誌なんか読んでるしね。

私のタイの友人のまた女友達なんか、顔の手術(アゴと鼻)に6000バーツ。豊胸手術で6000バーツかけたと言ってた。でも、それほど胸は大きくないと思うけど(笑)

タイ人が行く美容整形クリニックというのは驚くほど安くて、聞いた話では鼻を高くする手術は2000バーツ。おっぱいはタイ産の生理食塩水を入れると片方で3000バーツだと聞いた。でも、失敗する例も多くて、鼻が腐ったとか、おっぱいが破れたとかの話を聞いたのは一つ二つではない。

で、ちょっと気になった記事がバンコク週報に出ていたので、ご参考までに。

【外国人観光客、男性器増大注射でショック死】

「SPクリニックと死亡したサイブさん(左上)

男性器増大のための注射を局部に受けた外国人観光客がショック死するという事件が起きた。

死亡したのは中東のドゥバイから家族・親戚とともにタイを観光で訪れたサイブさん(50)。3月7日の午前中、宿泊先のグレースホテル(バンコク都スクムビット通りソイ3)を「ちょっと病院に行ってくる」と言って外出。その後、家族には何の連絡もなく、午後10時すぎ、「病院で死亡した」との悲報が届くことになった。

警察の調べにより、サイブさんはこの日、都内ラートプラオ通りソイ41の美容整形外科「SPクリニック」で男性器増大注射を受けたことが判明。しかし、同クリニックのソムポップ院長が男性器に2か所、注射をしたところ、ショック症状を起こし、意識不明となった。このため、慌てた院長は、総合病院のパウロ・サイアム病院に連絡。救急車により搬送されたが、まもなく死亡が確認された。

警察では美容整形クリニックの治療に落ち度がなかったかどうか、詳しく調べた後、ソムポップ院長に対する措置を決めるとのことだ。 」

二件目

【ニューハーフ、勤務先でショック死。ヤセ薬が原因か】

「出勤後すぐに呼吸困難で死亡したプラシットさん

3月10日午後12時ごろ、バンコク都内のアクセサリーショップでヤセ薬が原因と思われる心臓麻痺でニューハーフが急死した。

死亡したのは、女性用アクセサリー販売店(ペッブリ通り)に勤務するプラシットさん(24)。同僚のシリンティップさん(16)によれば、プラシットさんは朝10時ごろ出勤してきたが、顔色が悪く、また、走った直後のように息が乱れていたという。ただ、その時はあまり気にせず、シリンティップさんは携帯電話で友人と話をし、また、プラシットさんは部屋の隅で本を読んでいた。

しかし、しばらくすると、プラシットさんの呼吸が激しく乱れ、悲鳴を上げ、身体を痙攣させた後、まったく動かなくなってしまった。

そのため、シリンティップさんはすぐに救急病院に連絡し、駆けつけた救急隊員が人工呼吸を施したが、蘇生することなく、死亡が確認された。

この悲報を受け現場に駆けつけたプラシットさんの「恋人」のチラサック氏(21)は、人目をはばからずに号泣するとともに、警官に対しては、「プラシットはヤセ薬と、胸を大きくするため女性ホルモン増進剤を服用していたので、それが原因ではないだろうか」と供述している。

警察ではこのため、早く効果を出そうと、医師が定めた量を超えて服用した可能性もあるとみて、プラシットさんのカバンに入っていた薬剤を鑑識課に回して詳しく調べることにしている。」
やはり日本で安心出来るクリニック探した方が安心みたいです・・・

特に植毛などは高い技術が必要になりますので、日本国内でも熟練したクリニックがオススメです

日本で最も高い技術を持った植毛クリニックはこちら

 

Be the first to comment

Leave a comment

Your email address will not be published.


*